この夏の恋を成就させるならやっぱり浴衣で花火デートがおすすめの理由

いよいよ花火大会真っ只中の時期になりました。みなさんはもう花火大会に行かれましたでしょうか。すでに友達や恋人と一緒に楽しんだ方なども多く居られるかと思います。そして夏といえば恋が実りやすい季節。もし、今あなたにいい感じの人がいて、どこにデートに行こうか迷っているならば、やはり花火大会をお勧めします。それもできれば浴衣を着て花火大会に行くことを…。さて、今回の記事では浴衣で花火大会に行くことが人と人の距離を縮める理由について解説したいと思います。

キーワードは「暗闇」と「一体感」

浴衣で花火大会に行くことで重要となるキーワードは二つです。一つは「暗闇」でもう一つは「一体感」。なぜ恋愛成就に置いてこの二つが重要なキーワードとなるのでしょうか。以下の項目で一つづつ解説していきましょう。

花火大会での「暗闇」が二人の恋愛を加速させる理由とは?

花火大会の花火が始まる時間帯は、通常、日が暮れて暗くなった時間帯です。つまり花火大会にデートで行った場合、暗闇の中で二人で過ごすことになります。暗闇だと日中よりも視認性が下がり相手の存在を認識しにくくなるため、自然と距離を近づけてコミュニケーションを取らなければなりません。その結果、普段より自然と心理的にも物理的にも距離が縮まるということです。もし自分や相手が奥手の人なら、この効果を利用しない手はないでしょう。

「一体感」を利用して信頼関係を形成しよう。

花火大会がデートプランとして優れている理由は前の項目で説明しました。それではなぜ、浴衣を着ることが重要なのでしょうか?察しの言い方であればもうお気づきかもしれませんが、この浴衣を着ることの一体感はどちらか一人ではなく二人で浴衣や甚平などを着ることに意味があります。多くの現代人にとって、浴衣や着物・甚平など、和装を着て過ごすという体験は、非日常で慣れない行為なため、普段よりも神経を使い、手探りで1日を過ごすことになります。そして、このお互い不慣れな体験を共に乗り越えようとすることで、一体感が形成され、信頼関係が深まるということです。

以上が恋愛成就に浴衣で花火大会に行くのがお勧めな理由でした。

参考になれば幸いです!

admin, 2018年8月3日