浴衣の自宅でできる浴衣の洗濯方法を解説!

祭りなどのイベントで浴衣をたくさん着る機会の多い人は浴衣を時間がかかるという点や、費用の点で、頻繁にクリーニングに出すわけにもいかず、どうすればいいか悩む人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は応急処置として浴衣を自宅でも洗う方法を解説します。

浴衣の洗い方1『洗い~すすぎ』

浴衣を洗う際はなるべく大きめのたらいなどで洗うことをお勧めします。ぐしゃぐしゃにして洗うと、後からシワが取れにくくなるため、丁寧に畳んだ状態で洗いましょう。洗剤は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用します。お湯で洗う際は30度程度のぬるま湯が望ましいです。洗剤の分量に従い洗剤を見ずに投入したら、浴衣をそこにつけて洗い始めます。その際は必ず強くこすったりはせず、優しく押すように洗うようにしましょう。あまりに強くこすったりしてしまうと、柄の部分の色が落ちて滲んでしまうことがあります。

洗い終わったら、丁寧にぬるま湯ですすぎます。

浴衣の洗い方2『糊付け』

すすぎが終了したら、今度は糊付けを行います。糊付けはボトルタイプのものを使用します。さっきと同様、広めのタライなどに洗濯のりを薄めた水をはります。この際、匂いがきになる場合は柔軟剤も一緒に使用することが出来ます。

準備ができたら、タライにすすいだ後の着物を投入し優しく押すように馴染ませます。浴衣に馴染ませたら、軽くすすぎます。このときすすぎ過ぎると、糊が落ちてしまうため気をつけましょう。

浴衣の洗い方3『脱水』

浴衣への糊付けが終了したら、次は脱水です。脱水は洗濯機を使用しますが、ぐしゃぐしゃに入れ込むとシワが取れにくくなってしまうので気をつけましょう。できるだけ綺麗にたたんだら洗濯用のネットに入れて洗濯機に投入して、脱水を開始します。

浴衣の洗い方4『乾燥』

脱水が終了したら、最後は感想です。感想ですが、できれば直射日光は避けて、日陰の部屋干しが最も望ましいです。また、なるべくシワが出ないように大きく広げるように干すようにしましょう。

以上が、自宅でできる浴衣の洗濯方法です。しかし、はっきりとしたシミがついてしまった場合は、自宅での洗いは難しいため、クリーニングに出すようにしましょう。

それでは、参考になれば幸いです。

admin, 2018年7月26日