着物・浴衣を着るなら気をつけておきたい汗の話

真夏の季節において着物・浴衣を着る上で、必ずと言っていいほど気になってしまうのは、やはり汗ではないでしょうか?浴衣・着物は、肌への密着度も高く、通気性が普段着と比べて低くなるため、いつも以上に汗をかき、そして臭いが気になりがちです。

臭いが気になってしまうと、そればかりに気を取られてしまい、夏祭りなどのイベントを思う存分楽しめないですよね。また、自分が気づいていない間に汗の臭いを放ってしまい、一緒にいる人を不快にさせてしまう可能性も…。

今回はそんな悲惨な事態を防ぐための、浴衣・着物を着ているときにも応用できる、汗の抑制や、汗の防臭といった総合的な観点から見た汗の対策方法について解説していきたいと思います。

そもそも汗はなぜ臭う?

汗の臭いを防ぐためには、汗の臭いの原因を知っておかなければなりません。そもそもなぜ汗は臭くなってしまうのでしょうか?よく汗が臭くなりやすい体質の人とそうでない人の違いなどについての話などがありますが、実際のところ、体質はどれほど汗臭の原因に関係しているのでしょうか?

【衝撃の事実】汗自体に汗臭くなる原因はほとんどなかった

実は汗自体にはほとんど汗臭の原因がないと言われています。それはなぜでしょうか?

サウナでデトックスは効果があるのか?

例えばサウナなどで大量に汗を流せば、汗と一緒に体の中の毒素を排出できる気がするし、実際サウナを利用した後の体はとてもスッキリしているように思えますよね。

しかし、実際にサウナなどで発汗した汗を採取して成分を調べたところ、汗から排出されている毒素はほんのごく僅かだったという実験結果があります。

このことから、汗自体に臭いの原因が多く存在しているとは言えなさそうですね。

汗臭の原因は、体の常在菌

汗自体には汗臭くなる原因がないにもかかわらず、汗の臭いが出てしまうのは、実は誰の体にも同じくらい存在するといわれている常在菌にあります。体の常在菌は、体に付着した皮膚の垢や皮脂を分解してくれる役割を担っていますが、体の衛生状態が悪いと汗と常在菌が反応を起こし、臭いを放つようになります。

汗予防をするにはとにかく清潔を意識する

加齢や体質、生活習慣によって独特の匂いを発生させる場合もありますが、基本的には「常に清潔」を意識することで汗の匂いは劇的に改善されます。汗の臭いが気になる、または体臭を他の人から指摘されたことがあるという人は、より清潔を保つことを意識して見るのがいいでしょう。次の記事では、具体的にどうすれば汗の臭いを予防できるのか、また、汗の量を抑える方法などについても取り上げて行く予定です。

本日の解説はここまでとさせていただきます!少しでも参考になれば幸いです^^

admin, 2018年8月14日